2015年05月21日

核のごみを世界初の最終処分場へ

核のごみを世界初の最終処分場へ持っていく計画がフィンランドで進んでいる。


原子力発電所で発生する「核のごみ」の世界初の処分場の建設が、2015年にもフィンランドで始まる。


原発から出る使用済み核燃料を、地下約450メートルに10万年にわたり閉じ込める施設だ。
日本では長らく処分場が決まらず、政府が処分方針を近く閣議決定する段階だが、先進地の北欧では22年にも処分場が完成する見通しとなった。


放射能が生物にとって安全なレベルに下がるまで10万年かかる。
実験では、地下水の漏れや岩盤の微妙なずれなどの影響を詳細に調べる。
最終処分場はこの実験施設を拡張する形で建設される。


地元の理解を得るために、フィンランドの電力会社出資企業は手を尽くした。すべての情報を公開し、住民やメディア向けに頻繁に説明会を開いた。
企業のトゥオヒマ広報部長は「我々の事業は『トラスト(信頼)ビジネス』と思っている」と語る。


この企業は本社をエウラヨキに置き、安全への覚悟を見せた上で税収面で貢献する
地震がほぼなく、地盤が安定している利点もある。


こうした考え方が素晴らしいと思う。
今できることを最大限にやろうとしている意気込みも伝わってくる。


日本では、口先だけの安倍首相がアンダーコントロールと言っているが、いかにも軽薄で誰も信じない。
そんな首相を抱く国があるなんて・・。


自衛隊の後方支援にも絶対戦争に参加させないなんてノタマウが、何処に根拠があるのだろう?
せめて自分が先兵にでもなろうというのなら、意気込みが伝わるのだが・・。
posted by yasuucare at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

アンコロの安倍首相

アンコロの安倍首相というイメージか?
何でもアンダーコントロールと思いこんでいるようだが、世界中で見る人は見ている。


福島原発事故の収束は、アンコロどころか、さてこれから凍土壁の実験なのだ。
それを見ていた台湾政府が、日本からの農産物等の輸入全面規制に!
慌てたのが日本政府という図式だ。


甲状腺がんも驚くような数字の感じなのだが、因果関係には決して触れることがない。


国際平和支援法を作って絶対に戦争に巻き込まれない?
いや積極的な参戦主義ではないのでしょうか?


前方ではアメリカが嘘を捏造して戦争の火種を作り、敵味方を懐柔しながら戦争を拡大させて行く。
後方支援とは、そのアメリカの尻をかくのではなく尻を持ち上げるだけなのだ。


後方だから絶対戦争に巻き込まれませんとか言っても、後方も参戦しているのだから当然攻撃されてしまうだろう。
戦争をしないということで逃げまくればまだ可愛いが、やられればやり返すのが人間だ。


正当防衛だとかなんだとかの言い訳は既にできているので、後は派手に打ちまくればいい!!


アンコロの安倍をこねて食べてしまう勢力はないものか・・。
posted by yasuucare at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

日本議会は米議会の下請けでない

日本議会は米議会の下請けでないと枝野幹事長が怒りをあらわにした。
全く安倍首相はどこを向いて日本の政治をしているのか!


安倍首相がアメリカ議会で安全保障法制の関連法案を夏までに成立させる方針を明言したことについて、民主党の枝野幹事長は「日本の議会はアメリカ議会の下請けではない」などと厳しく批判した。


枝野幹事長「日本の議会は米国議会の下請け機関ではありません。これから国会で議論する、しかも法案も提出されていないことを他国の議会で約束してくるというのは、まさに国家の代表としてあるまじき発言であると大変憤ってます」


自衛隊が世界的にアメリカの片棒を担いで虐殺に参加し、日本はテロの報復危険が高まる。
TPPでは日本国の財産そのものをアメリカに差し出す。


そんな首相を選んだのが日本国民である。
国会審議などどうにでもなると高をくくっているのだろう!
posted by yasuucare at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

沖縄知事の指示を効力停止へ 

沖縄知事の指示を効力停止へと林農林水産大臣が動いた。


米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、翁長雄志知事が出した移設作業の停止指示は不当として沖縄防衛局が求めた指示取り消しの審査請求で、林芳正農相は、審査結果を出すまでの間、指示を「執行停止」として効力を止める方針を固めた。30日に結論を出し、県と防衛局に通知する方向だ。


執行停止により、防衛局は移設作業の継続が可能になる。


また農相は今後、防衛局の審査請求を受けて審理を進め、県と防衛局から意見を聴くなどしたうえで、知事の指示を取り消すかどうかの裁決を審査結果として出す。


裁決までの期間は行政不服審査法に定めはないが、知事の指示が取り消された場合、県側は訴訟などに踏み切る可能性がある。
 

ウクライナでの出来事は、欧米の傀儡政府が言うことをきかない東部の住民を武力で弾圧している。


まさか日本でも武器はもたねど同様の出来事が起こるとは・・・。
posted by yasuucare at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

菅長官「自衛隊も軍隊の一つ」

菅長官は「自衛隊も軍隊の一つ」と弁明した。


一つ嘘をつけば、それを弁護するためにまた嘘をつかねばならなくなる。
恥の上塗りとはこのことで、将に宗主国のアメリカが嘘に包まれているのはこれのことだろう・・。


安倍晋三首相が国会審議で自衛隊を「我が軍」と述べたことについて、菅義偉官房長官は25日の記者会見で「自衛隊も軍隊の一つ」と説明した。


政府はこれまで、憲法の制約から自衛隊は通常の軍隊ではないとしつつ、国際法上の定義では軍隊に当たり得るとの見解を示してきた。政権が首相発言に加えて「使い分け」の理屈を取り上げたことで、呼称をめぐる論争が生じている。


「自衛隊は我が国の防衛を主たる任務としている。このような組織を軍隊と呼ぶのであれば、自衛隊も軍隊の一つということだ」


25日の記者会見で、首相が自衛隊を「我が軍」と述べた是非を問われた菅長官は強気で反論した。「答弁の誤りには、まったく当たらない」


ダブルスタンダードという言葉があるが、いかようにも解釈し、いかようにも答弁することは憲法や戦争、軍隊などの大範疇で使うのは危う過ぎる。
何よりも、国民が知らぬ間に国の大方針が替えられていくことが恐ろしい!
posted by yasuucare at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

安倍首相、自衛隊を「我が軍」

安倍首相が参議院予算委員会で自衛隊を「我が軍」と発言!
もう完全に戦闘ムードなのでしょうか・・・?


憲法改正も視野に入り、アメリカ宗主国の意のままに動けるわが軍も手に入ることが確実となった喜びからでしょうか、ついつい口を滑らせてしまいました!


安倍晋三首相は20日の参院予算委員会で、自衛隊と他国との訓練について説明する中で、自衛隊を「我が軍」と述べた。政府の公式見解では、自衛隊を「通常の観念で考えられる軍隊とは異なる」としている。


維新の党の真山勇一氏が訓練の目的を尋ねたのに対し、首相は「我が軍の透明性を上げていくことにおいては、大きな成果を上げている」と語り、直後は「自衛隊は規律がしっかりしている、ということが多くの国々によく理解されているのではないか」と続けた。


仮に自衛隊の規律がしっかりしていても、そこへ命令を下すトップの規律が目茶目茶では恐ろしいとしか考えられません!!
posted by yasuucare at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

鳩山元首相クリミヤ移住も

鳩山元首相が、仮に旅券没収されたらクリミヤ移住もとの発言だ。
鳩山元首相の様な影響力のある人の発言は、欧米マスゴミがクリミヤに関してロシアを非難ばかりしていることに目を向けさせるいい機会だと思う。


タス通信によると、ロシアが一方的に編入したウクライナ南部クリミア半島を訪問中の鳩山由紀夫元首相は12日、旅券(パスポート)を返納させるべきだとの意見が日本で出ていることに関連し、没収されればクリミアに移住する可能性もあると語った。


鳩山氏は日本政府の制止を無視し、クリミアを訪問した。
「クリミア移住」は11日に会談したロシアのベラベンツェフ・クリミア連邦管区大統領全権代表が提案。鳩山氏は「(旅券返納の)恐れがある場合、招待を受けることを否定しない。ベラベンツェフ氏に感謝したい」と述べた。


ベラベンツェフ氏は会談で、日本で批判にさらされている鳩山氏に対し、「困難な事態に陥ればすぐにでも招待する。友人といるのはうれしい」と呼び掛けた。


日本のマスゴミは、鳩山元首相のことを宇宙人だと揶揄しているが、クリミアの実態を把握せずに頭からアメリカの言いなりになっていることを隠している。


どうして同朋を攻撃するウクライナ政府が正しいのだろう?
言うことをきかないものは誰でもヤレというのはアメリカ流の考え方でしかない。
posted by yasuucare at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

鳩山元首相がクリミア入り

鳩山元首相がクリミア入りし、政府は大慌てでさっそく菅官房長官が軽率だとの非難声明だ。


日本政府はアメリカの太鼓持ちだから、ロシアのクリミア編入を認めていない。
そこへ日本政府の元首相が出かけるのだからアメリカにお灸をすえられるかもしれないのだ・・。


しかし、クリミアはもともとロシア人の多い町で、実際に住民投票でもすんなりとロシアに回帰が決まっている。
ウクライナの様に、捏造で乗っ取られたのとはわけが違うのだ。


それを解っての鳩山元首相のクリミア訪問だと思う。
日本人の気概を示したものかもしれない。


ウクライナ南部クリミアからの報道によると、鳩山由紀夫元首相が10日、クリミア入りし、中心都市シンフェロポリの空港で地元の親ロシア政府「クリミア共和国」のムラドフ副首相が歓迎した。
鳩山氏はロシアの査証(ビザ)でクリミア入りしたものとみられる。


政治は筋書きのあるドラマかもしれないな・・。
posted by yasuucare at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

交付金企業からの献金

交付金企業からの献金が安倍首相にも見つかった。


将に時代劇の悪代官と豪商の越後屋の構図である。
御城や橋の建築に絡み、越後屋に指名してたっぷりと儲けさせ、その見返りをちゃっかり受け取っているのであるが、まだ当時の方が可愛い感じがしないでもない。


今は、何でもありだ。
しかもカワラバン屋も巻き込んでいるので、悪いことは報じないで、ちょっとした話題で誤魔化しさっさとやることをやってしまう。
仮に間違えても、また年貢を絞り取ればいいのさという図式だ。



自民党支部は安倍首相が党首を務める期間に国からの補助金を受けている企業から献金を受けていたにもかかわらず、安倍首相は献金の出所について知らなかった事が明らかになった。
菅官房長官が明らかにした。


官房長官は、首相が献金を受けていた事実を認めた上で、首相はその企業が国からの補助金を受けていたことを知らなかったと語っている。


何ともふてぶてしい言い訳だろう。
知らなかったで済ませられるのなら、将に警察も法律も政府もいらないのだ!


我々国民はどうすればいいのだろう。
少なくとも、まず呆れ、何とか多くの人に現状の不都合を知らしめ、どこかから改革や革新の目を育てるしかないと思うのだが、何かいい手立てはないものだろうか・・。
ラベル:献金 交付金企業
posted by yasuucare at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

安倍首相が事実誤認認め「ヤジに遺憾」表明

安倍首相が自分のヤジに事実誤認を認めて「遺憾」を表明した。
ただ、遺憾で済まされるのか!


安倍首相に限らず、国会議員の言動そのものが軽々しい。
そして、都合が悪いと遺憾を表明しておしまいだ。


政治資金規正法違反などはその典型例で、マスゴミも大して報じない。
小沢一郎の時などは連日マスゴミをあげての大ブーイングで、検察審査会までデッチアゲての大非難で小沢一郎も民主党も貶めた。


今はどうなっているのだ!


安倍晋三首相は23日の衆院予算委員会で、民主党議員に「日教組」などとやじを飛ばした背景に関する自身の事実誤認を認め「正確性を欠く発言があったことについては遺憾で訂正申し上げる」と述べた。


たった一言の侘びで済ませて、中身も何もなし。
国民が頷くはずもないし政治の軽さは目に余る!
posted by yasuucare at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする