2015年01月10日

15年度介護報酬改定

15年度介護報酬改定は、2.27%引き下げの方向となった。


政府は9日、2015年度介護報酬改定について、2.27%引き下げる方向で最終調整に入った。
11日に行われる麻生太郎財務相と塩崎恭久厚生労働相の閣僚折衝で正式決定する。
引き下げは06年度以来9年ぶり。
下げ幅は過去最大だった同年度の2.4%よりは小さくなる。
 

介護報酬は、特別養護老人ホーム(特養)やデイサービスなどの介護事業者が提供したサービスの対価として受け取る報酬であり原則として3年に1度、水準を見直している。


高齢化により膨らむ介護費用を抑制するため、政府は15年度改定で報酬全体を減額する方針を決めていた。
下げ幅をめぐっては、財務省が3%程度を主張する一方、厚労省は大幅な引き下げには反対していた。 

介護報酬の引き下げには、膨らんできた介護保険による出費を抑えたい意向があるが、それは単に経費増だから何とかしろという理屈以外に何もないだろう。
老人の介護は、大きな仕事であり役割でもある。
当然に経費が必要なのは言うまでもない。


安倍政権はアベノミクスを強引に推し進め、大企業へは減税の飴をどんどんと与える一方で、零細企業へは厳しい取り立てを行っている。
大企業の従業員へは給料を上げろと厚遇するが、ブラック企業をはじめとする所は報酬アップどころか残業代もカットして過酷な労働を強いている。


介護職には中々従業員が定着しない現実がある。
それは時間を取られる割に給料面などの待遇が悪すぎるからでもある。
老人虐待を非難されるが、もっと安定した職業環境を整えれば、気持ちにも生活にも余裕が出来て人は優しくなれるものだ。


他の職業に比べて安い賃金で長く働かざるを得ないのが介護の現場であり現実だ。
その介護報酬をさらに引き下げるということは、一部の有料老人ホームや特養を除けば益々働きにくくするだけである。


その結果、更に介護サービスが低下し、結局姥捨て山的なところになっていく可能性も排除できない。
お金がなければ、行くところも死ぬところもない!などと嘆く老人を増やしてはならない!
posted by yasuucare at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412105322
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック