2011年03月10日

沖縄ゆすり発言

アメリカ国務省のメアに本部長が沖縄県民をゆすりの名人などと発言した。
メア氏は、国務省で対日政策を担当し、過去に3年間在沖総領事を務め沖縄の事情に詳しい人物である。


メア部長は、安保条約上の日米関係についてこう述べている。
アメリカは、日本を守るが、日本は米軍が攻撃されても守る義務が無いので日本に有利、アメリカに不利であると。


しかし、これはまったくの詭弁である。
アメリカが本当に不利と思うならさっさと止めればいい話で、一方的に打ち切ることなどアメリカにとってわけはない。アメリカにとっては決して嫌ではなく、国益に適うから継続しているのである。


アメリカには沖縄の基地が必要な理由がある。
それはアメリカを守るために脅威となる北朝鮮の核問題や中国の軍事台頭などに備えるため、地理的に重要で好都合な日本に米軍を配備しておく必要があるからだ。


米軍を守らないというが、アメリカの有事に日本は国の身を挺してアメリカの前線基地化することになるのだ。


沖縄の人はその危険性を実感しているから基地は要らないと主張しているのであって、決してゆすりではない。
普天間飛行場の移設問題や海兵隊のグアム移転が遅々として進まない焦りからの発言と思われるが、日本軽視が念頭にある不用意な発現でもある。


アメリカはメア部長の更迭で幕引きを図るようであるが、そんなうわべの繕いで済まされる問題ではない。


アメリカに尻尾を振っているのはアキ菅政権だけで、多くの日本人は、むしろゆすりは沖縄でなくアメリカそのものであると考えていることを肝に銘じておくべきである。


最も重要なことは、歪んだテロとの戦いがアメリカ国民をゆすり、アメリカの国益に背いていることに早く気づくべきことなのである。
ラベル:沖縄
posted by yasuucare at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック