2010年11月29日

沖縄知事に仲井真氏再選

沖縄県知事選は28日投開票され現職の中井真差が再選された。


相手は前宜野湾市長の伊波氏で、争点となったのは普天間の移設先。
以前は容認か移設かであったが、今回は共に県外移設で揃うこととなったためややぼやけた感じである。


とは言っても仲井真氏が県内でなく日本全国で解決策をという融和路線に対し、伊波氏は国外移設を主張した。
共に現実問題として難しく、特に伊波氏の主張は正論と思われるが、沖縄県民はそこまでの思いには少し隔たりがあったようである。


いずれにしても県知事のレベルの争いに日本の国の行く末を左右する問題を委ねて、自分は何もせず、候補者すら擁立できない菅政権に大きな問題があるのは間違いない。


きっと、他所の国の選挙ぐらいにしか菅違い内閣は思ってい何のではと思われる。
現内閣では移設を強行するか、普天間危機を放置するか、説得できる具体策がないので沖縄県民の声に耳を傾けることすら出来ない。


結局のところ県民は諦め気分が大半で、どうせダメなら仕事が欲しい、景気が良くなるようにと沖縄振興をアピールした現職知事を選択した。


沖縄に焦点が当てられるたびに政府の無能さをつくづくと感じざるを得ない。
対米一辺倒であるから何も出来ないのである。


そして対米隷属を解消しようとした小沢一郎を姑息な手段で闇に葬ろうと画策し、今尚模索を続けている。
日本の国力、政治を自らに取り戻そうという気概がまるっきし伝わってこないのが見るに忍びないままである。


何かあっても決して身を挺しては助けてくれないアメリカに尻尾を振ることを半分以下にする決断が出来れば、前進するルートはいくらでも見えてくる。
それが出来ないなら日本のために身を引くべきなのである。


しかし、何といってもカエルの面に小便だろうな。
何せ、支持率が1%でも止めないと公言してはばからない菅違いなのだから。


**この世知辛い世の中:少しでも節約をと考えているあなたに朗報です!
  人気レストランチケットを共同購入で大幅にディスカウントできます。
posted by yasuucare at 10:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171114639

この記事へのトラックバック

「匿名」沖縄県民の暗黙の了解。中井真当選
Excerpt: 沖縄県知事選挙は、現職の仲井真と新人の伊波の一騎打ちとなり、普天間基地の県外移設を掲げた仲井真が県外移設反対を掲げた伊波に勝った。これは当選後ホホにキスした娘のゆみな ...
Weblog: 岩下俊三のブログ
Tracked: 2010-11-29 18:18