2010年11月12日

普天間不信の沖縄知事選

米軍の普天間飛行場移設で揺れる沖縄の知事選が11日告示された。
主な候補者は現知事の中井真氏と宜野湾市長の伊波氏で、共に県外移設を強く主張している。
尤もこの線でないと当選は難しいであろう。


弱腰の民主党は独自候補を断念して自主投票とした。
仙谷官房長官は、政府発言が各陣営に影響するとしてコメントを差し控えると逃げ腰一辺倒。
さすがに弁護士は言訳がうまいものだ。


対米隷属の菅内閣は「日米合意はやらなければ」とこれも責任逃れ発言。
工夫し考えようとする姿勢が全く伝わってこない。


ポイントは日米合意ではなく、いまさら沖縄以外の日本国内移設は難しいのだ。
それを踏まえての日米合意をどのように説得するかなのである。
「最低でも県外」の鳩山政権の甘い蜜が効きすぎたのだ。
ヤマト負担は何らかの形で示さねばならないと思う。


ともかくグアム移転や基地縮小などの努力をもっともっとするべきなのである。
直ぐにできないのは重々承知しているが、そこへの道筋を示すことが大きな一歩になるのである。
暫定的には国内の自衛隊基地への部分分散もあっても良い。どの道、大げさなことは出来ないのだ。


沖縄の基地問題が完全に暗礁に乗り上げ、ごね得がまかり通ってぐずぐずするのをオバマ大統領は待っている。
その時こそ、移転問題でアメリカの予算削減が更に膨らみあがり、金で済ませるならと我々の血税が飛んでいくのである。


いつもでも情けない外交しか取れない弱腰政権には任せて置けない。




posted by yasuucare at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック